「鉱物」や「鉱石」が気になってきた今日この頃……【採集してみたい】

突然ですが、最近「鉱物」や「鉱石」が気になっています。

石で、採掘したりして、キレイで、わくわくする、あの鉱石です。

天然石

この写真だと、ちょっとキレイすぎですが、

ってか、鉱物と鉱石の違いすらよく分かってませんが、なんか急に気になりました。

図書館で鉱物採集の本を眺めたり、
ネットで鉱物について研究(お菓子食べながらネット見てるだけ)していると、
鉱石の魅力に取り付かれそうになります。

ゲームの中では、いろんな鉱石を採集したことがありますが、
現実に採集したことはないので、かなり興味が沸いてます。

これまで、アチラの世界で採掘したものは……

鉄鉱石、マカライト鉱石、ドラグライト鉱石、カブレライト鉱石、ユニオン鉱石、
フルクライト鉱石、メランジェ鉱石……ああ、数え切れない(数えるな)

現実世界でも、小型ピッケルみたいな道具を持って、
全身防備して、ヘビとかに気をつけながら山に鉱石採集に行ってみたいです。

とはいえ、勝手に人の土地や山を採掘するわけにもいかないし、
なにからはじめたらいいのか、さっぱり分からない、うぬう。

おしえて! 鉱物先生!

あぁ、鉱石。
いとしの鉱石。

この手で、掘り起こしてみたい……。

そんで、土とかなんか、いろいろなものを取り払って、
大切に部屋に保管して、夜中に眺めてニヤニヤしてみたい。

「鉱物採集」、最近、いちばん気になる事項なのでした。

プランターの花が一夜にしてグレてしまった【花も反抗期】

昨日のことです。

お花屋さんで、プランターに植えられたお花を、プランターごと購入したのです。

これ。

きれいな花

名前は忘れました。
菊ではなさそうです(超てきとう)

じかに、土に花の種を植えるのも成長の過程が楽しめていいのですが、
プランターの花をごそっと買うというのも、なかなかにしてよいものです。

キレイに咲いてるのをそのまま見ることができるから、
手をかけずとも、妙な達成感を得ることができます。

お花でいう、「強くてニューゲーム」みたいな感じ? (なんか違う)

で、「うへへ、手をかけずして、きれいな庭になるの素敵」

などと、油断慢心の夜をあかしたわけですが……

一日後のお花の様子

白くなった花

なんか、この花、

燃え尽きてないか?

花びらの色が、一日前と比べて明らかに違う。
白いもん。

なに、この白。病気?
それとも、真っ白に燃え尽きたの? ボクサーなの?
もしくは、反抗期? 急に脱色して、グレちゃったの? えー。

お花屋さんにいたときは、あんなに元気だったのに……

そうか、
そんなにウチの子になるのがイヤなのかい?(泣)

とりあえず、燃え尽きそうな花への対処法が良く分からないので、
お水をじゃぶじゃぶあげときました。

これでもとにもどるといいのですが……。

お掃除ロボット4天王集結!比較をしてみました【今日も暇】

元来から不精な性格をしているものですので、
近頃は、流行りの「お掃除ロボット」が気になって気になって、夜しかぐっすり眠れない日々を過ごしております。

お掃除ロボット――ルンバとかの、ほら、床に置いとくと自動でウィンウィンと掃除しといてくれる家電のアレです。

いろいろと調べていくうちに、お掃除ロボットには四天王みたいなものがあることを知りました。
というか、私が勝手に四天王扱いをしているだけです。

とにかく4TOP。
全国ベスト4のお掃除ロボット。

買うなら、どれがいいかなぁとあれこれリサーチするのは楽しいもので、
調べているうちに、全部が欲しくなります。

うーん、どうしようかな。

というわけで、今回はお掃除ロボットのベスト4について、つらつらと語ります。

名実ともに人気ナンバーワン!ルンバシリーズ

「ルンバ」といえば、お掃除ロボット。
お掃除rロボットといえば、ルンバといっても差し支えないほど、普及率と知名度、ともにトップクラスのやり手ロボはこちら。

2015y09m20d_174732233
→ ルンバ885

ルンバは、購入してからだいたい10ヶ月後に点検&清掃してもらえるメンテナンスのサービスがタダで受けられるそうな。

タダだって、奥さん! 無料でメンテですよ!
すごくないですか、すごい。

これだけで、思わずポッチンしてしまいそうになります。

少しの段差も、ひょいっと乗り越えるそうな。
すごいな 笑

ただ、丸っこい形状なので、お部屋のカドのほこりには弱いみたいです。

完璧すぎるルンバにも、弱点があるんですね。

「いつもテストで満点を取るイケメン秀才が、実は犬が苦手」みたいなギャップですね。
女子はギャップにときめきます。うっとり。

なんだかんだいっても、ゴミの取り残しも少ないとのことで、やっぱり買うならルンバかなぁ。
名前もかわいいし。「ルンバ」って。ルンバ♪

自動で充電台に戻る!? 「トルネオロボ」も魅力

お次は、トルネオロボ。

トルネオロボ
→東芝 ロボット掃除機 トルネオ ロボ グランホワイト VC-RVD1-W

東芝さんのお掃除ロボットです。

この子、お掃除が終わると、自力で充電台まで戻って、次の出動までおやすみタイムに入るそうです。
自動でダストステーションに戻り、本体にたまったごみをダストステーションが吸い取ります。

「よし! 掃除終わり! かえろっと」

って、いそいそと家(充電台)に帰っていく姿を想像すると、
つい、買いたくなります。

人間ぽくて、かわいいです。

あ、ゴミ捨て回数も、少なくてすむそうです。
でもって、出先からスマホで本体を操作することもできるそうな。
ハイテクだなぁ。

部屋の隅まで掃除ができる「ボットバック」シリーズ

ボットバック85 ネイト

→ Neato Robotics Botvac BV-85

お掃除ロボット4天王の3人目は、ボットバックシリーズから、
ネイトの「ボットバック85」でござい。

こちらは、片側の角っちょが四角になっているので、お部屋のスミっこのゴミもきちんと吸い取ってくれます。

走行は、ジグザグタイプ。

また、上の水色のボタンがレーザーを発信しており、
部屋の形や家具の配置なんかを記憶して動いてくれるそうな。

天才や。

三角形だからこそできるお掃除がある! パナソニックの「ルーロ」

ルーロ

→ PANASONIC MC-RX1S-W ホワイト RULO(ルーロ)

最後は、このおにぎり型のお掃除ロボット「ルーロ」

三角形だから、お部屋の隅はもちろん、
机やイスの足回りにも入りこみやすく、すみずみまでキレイにしてくる、気のきくロボットです。

細かいところに気がつく、いい嫁になりそうなタイプ。

リモコンが付属でついていて、右・左・前と動かすこともできる

指定の場所を念入りに掃除する「スポットモード」や、
部屋全体を掃除する「念入りモード」など、

こちらの言うことを従順に聞いてくれる、大和撫子っぽい感じもイイですね。

ほんと、いい嫁になるよ、この子は。

お掃除ロボット まとめ

というわけで、今回は「最近流行の、お掃除ロボット」について、でした。

いやあ、こうして並べてみると、ほんと、全部欲しいですよね。

知名度が高くて、性能も優秀な長男、ルンバ
自動で充電器に戻る、手のかからない次男、トルネオロボ
レーザーで部屋の配置を覚える天才児の3男、ボットバック
細かな気配りで部屋を隅々まで掃除する末の娘、ルーロ

どの子も捨てがたいです。

どれにするかの決定打としては、部屋の形状に合わせて、適宜選んでいくのがいいのでしょう。

我が家の場合は……
床がモノだらけだから……

お掃除ロボット以前の問題かもしれない。(いまさらそれか)

考察

芽がああああ!芽がああああ!(絶叫)

ょっと見てください、奥さん!

こちら、先日、庭にに作った花壇……

庭の土

適当なお花の種をパラパラとまいてから、約4日。

花壇から芽がでた

芽があああ、芽がああああ!

なんか、よくわからないけど、
芽のよふなものが、コンニチハしてる!!!

これは快挙です。

どんな花の種を植えたのかすら忘れましたが、
かわいらしい芽がモサモサと出ています!!

なんだかとってもうれしい。
これが、命のキラメキか……(違)

土をふるいにかけたりせずに、そのまま適当に耕したところに種まきをしたので、
ひょっとしてひょっとすると、この芽は雑草の芽という可能性もあるにはあるのですが。

今は、ただ単純に喜んでおこう。

いやあああ、芽だ、芽だ。
芽が出たよ~

今宵は、収穫祭だ! うひゃああい!(なぞのテンション)

お盆なのにクリスマスツリーを飾っているような感じの晩御飯

本日の晩御飯は、

白米
たまご豆腐
塩サバ
コーンポタージュスープ

でした。


夕飯

献立作成…母上。

白米、たまご豆腐、塩サバは和風な雰囲気で良しとして。

ここに、コーンポタージュとな?

塩サバを噛みしめつつ、コーンポタージュスープをすすると、口の中に得体の知れない異文化交流が起きます。

ジャージ姿なのに、髪型は縦ロール、というか。

自作パソコンが組めるのに、ブラインドタッチはできない、というか。

うーん。

塩サバとコーンポタージュ……

ほんのりと、不思議な組み合わせ。

なんだこれは?

合いそうで、合わない。
ものすっごい違和感。

私以外の家族は、何のツッコミもいれずに、普通に食べてる。

ぬう、わたくしメの味覚がおかしいのでしょうか。

こ、これは……

何かを試されているのだろうか。

今宵は、ハロウィンに鏡開きしたような、謎な気分になりました。。。

今日は雨だったので、ポイズンきの子さんと遊んでみました

今日は雨がざあざあ降っていました。

これでは、趣味の草むしりもすることができません。

かといって、インドア魂をこじらせているワタクシめ、
ここぞとばかりに外に遊びにいくアテがあるわけもなく。

しかたがないので、室内にこもり、手持ちの小物を使ってひとり芝居をして過ごしました。

きのこと人

人 「よいではないか、よいではないか」

きのこ 「ひぃぃ、お助けをー」

人 「ちこうよれ、おもてをあげい」

きのこ 「なにとぞ! なにとぞ!」

……ふぅ。

明日は晴れるといいなぁ。

庭にブロックを並べて、雑な花壇を作成してみました。

庭の雑草をむしった後の土の上に……

ブロックを並べた花壇

雑な花壇を作ってみました。

どーん。

花壇、拡大

近所のホームセンターで、数十円で売っていたブロックを並べて、仕切りを作っただけ!

お手軽、カンタン!(笑)

ここに、適当なお花の種を買ってきて、撒き散らかそうと思っています。

本当はもっと、土をふるいにかけて細かくふんわりさせたり、
土に空気を入れる為に耕したりして、綿密に手入れをしたほうがいいんだろうけど。
わたくしは、お花が持つ生命力を信じているので、まぁ、最初はこんな感じでOKかと。

いったん、これで種を撒いてみて、花の持つ潜在能力を確かめてみたいと思います。

いや、しかし、あの雑草まみれの庭の草をむしっては投げ、むしっては投げてはや1ヶ月弱。

こうして、いざ、花壇ぽい枠を作ってみて、一番に思ったことが、

「あぁ、この枠の石の下からは、雑草が生えてこなくなるだろうな、イヒヒ」

という、よこしまな感想であった為、
きっとわたくしはガーデニングには向いていないのだと思いますが、
そこらへんは適度に折り合いをつけて、楽しんでいきたいと思います。

目指せ、お花畑~、いえ~い。

木の根っこを枯らそうとするプロジェクト【途中経過】

木の根っこを枯らそうと、悪戦苦闘しています。

庭の手入れをプロの業者さんにお願いして、木を数十本ほど伐採していただいたのですが、
問題なのが、そのまま残った切り株。

切り株

そういや、昔、たけのこの里やきのこの山の親戚のような「きこりの切り株」とかいうチョコレートがあったけど、最近見かけないなぁとか、ぜんぜん関係ないことを思い出しつつ、

切り株を枯らす対策として、表面にドリルで穴を開けて、そこから劇薬【スミチオン】をスポイトで垂らしこむという作戦に打って出ていたわけです。

→【参考】伐採後の木の根っこを枯らす方法を模索&実施中なのです

で、劇薬スミチオンを木に染みこませてから約3ヶ月後のお写真がコチラ。

↓ ↓

→スミチオン注入、約3ヵ月後の切り株 ※クリックすると写真が開きます

(そのまま画像を載せてもよかったのですが、木の断面がモサッとなっていて、元気な木が好きな人には厳しいかしらと思い、念のため別窓にしています。良い子はみちゃだめ)

表面が、ずいぶん残念な感じになってきました。

「木を枯らす」という点では、たいへん良い調子なのですが、
いっしょうけんめい生きようとしている木を、あえて枯らそうとするのはやはり心苦しいですね。

ごめんよー、木ー。

そんなこんなで、引き続き、木の根を枯らして枯らして、枯らし散らかしていきたいと思います。

がんばるぞーう。