電車内のカップルの会話で、ヒットポイントをごっそり削られた

電車で向かいの席に、たいそう仲の良さそうな若いカップルが座っていました。
そして、わたくしの目の前でチュウチュウチウチウしていました。

こんな会話もしていました。

女性「ひろくん、えへっ、まー子しあわせっ! これからもずっと一緒だよ! チウチウ」

男性「俺もしあわせっ! 離れたくないね、チウチウ」
……

だれかー。

エクスカリバー持ってきて~。
なるべく、斬れ味の悪いやつ~。

いやはや、青春っていいですね。
おねえさん、うらやましいです。

これが本当の、チューチュートレインか……(泣) OH……

チウチウ。
血雨血雨。

 

営業会社の実態編  ☆今日、身震いした話

わたくし、とある会社で事務系のお仕事をしております。

泣く子も黙る営業会社です。
営業担当さんたちは、常に数字に追われて東奔西走しています。

 

担当社員同士でお客様の取り合いをする光景も日常茶飯事。
大の男が胸ぐらを掴み合って、

「あれは俺の客だぞ!」
「うるせえ! 俺の客だ!」

「営業会社の実態編  ☆今日、身震いした話」の続きを読む…

「サンドイッチ」を「サンドウィッチ」と流暢に発音するのがMYこだわり

 今日は仕事の休憩中に、近くの喫茶店でお洒落にサンドウィッチを食しました。
 「サンドイッチ」ではなく、「サンドウィッチ」と注文するのが、私のささやかなこだわりです。

509de29c7d32d41f71472cbce6e1f4a9_s

 ブラックコーヒーを優雅にジュルジュルすすりながら、サンドウィッチをムシャムシャ食べ散らかしていましたところ、隣の席にサラリーマン風の男性、2人組が着席しました。

 ここで、わたくしのサラリーマンアナライズが発動

 ――ピピピ。

「「サンドイッチ」を「サンドウィッチ」と流暢に発音するのがMYこだわり」の続きを読む…

3連休。ネコがマッハで逃げていく。

 ネコが好きです。
 ミャーミャー鳴く、あの猫です。

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s

 わたくし、3度のご飯よりもネコを愛しています。
 目の中に入れたらさすがに痛いですが、自分のご飯を8分の1くらいならエサとして差し出してもいいかな、と思うくらい好きです。
 むしろ、人参とかトマトだったら、全てをネコ氏に捧げても後悔はありません。

 しかし、この世は世知辛い。

「3連休。ネコがマッハで逃げていく。」の続きを読む…

断捨離、しゃりしゃり、ダンリシャリーン 捨てるべきか捨てざるべきか……

 数年前、「断捨離」という言葉をよく耳にしました。
 有名な言葉なのでご存知の方も多いでしょう。
 「断捨離」を進んで実行する人のことを、
 【ダンシャリアン】とか【ダンシャリーノ】とか【ダンシャリズム】と呼ぶとか呼ばないとか。
 きっと、呼ばないのでしょう。

「断捨離、しゃりしゃり、ダンリシャリーン 捨てるべきか捨てざるべきか……」の続きを読む…

食べちゃいたいくらい、可愛らしい子供のお話

今日は、家に親戚の女の子が遊びにきていました。
3歳の、食べちゃいたいくらい可愛らしい少女です。
食べようかと思ったら、少女の親御さんに全力で阻止されたので、試食はできませんでした、無念。

c42db96bc5f9fa8cf5e7f68bfff159dc_s

しかしまあ、やることなすこと、とってもキュート。

今日は、その可愛らしさを余すことなくお伝えしましょう。

可愛さポイント①

「食べちゃいたいくらい、可愛らしい子供のお話」の続きを読む…

連休をとると必ず昼夜逆転するのは何故でしょう……

 わたくし、連休をとると必ず昼夜が逆転します。

 休みであることが嬉しくて嬉しくて震えているうちに、やたらとテンションが上がってしまい、パンツ一丁でヒャッホウと踊り続けていると朝日が昇ります。

「連休をとると必ず昼夜逆転するのは何故でしょう……」の続きを読む…

【自己紹介】日記を書くことにしましたー!「太陽の光が苦手です」

はじめまして、同型みかんと申します。
巷で流行のホームページ日記(ブログとやら)を、わたくしも書いてみることにしました。

最初の投稿なので、まずは自己紹介をさせて頂きます!

普段は、普通の会社でOL業にいそしんでおります。
コピーをとったり、お茶を入れたり、お茶をこぼしたりしています。

それにしても、どうしてお茶って、あんなにこぼれやすいんでしょうね?
液体を運ぶのって、ほんと難しいですよね。
運んでいるうちに、量が半分くらいになってしまいますよね。アハハハ。

職場から華麗に帰宅した後は、趣味タイムに突入です。
わたくしの心を掴んで離さない、MY趣味の3大柱は、

①布団にくるまって読書
②ジャージ姿でゲーム
③壁に向かってアコースティックギターを弾き語るこ……と……

――ええ。
100パーセント、インドア派です。

太陽の光が苦手です。
おそらく、前世がモグラかシダ植物だったせいだと思います。

できれば、一歩も動かずに過ごしたいです。動くと疲れます。
マンガや物語の中で、よく、「先に動いたほうが負ける――!」という描写を見かけます。
だから私も動かないのです。
動かないから、私の勝ちなはずです。
何と戦っているのかは不明です。

 

のっけから残念な香りがプンプンする自己紹介をしてしまった気がします。
なんかもう、スイマセン。

これから末永く、様々なことを投稿していけたらいいなと思っております。
どうぞ宜しくお願いします。