10年来のクリスマスソング! 【ジングルベルの空耳】

世の中には様々なクリスマスソングがあります。

達郎さんやマライヤさん、ワムさん、レノンさんなどなど、何年も受け継がれる名曲は勿論のこと、
もろびとこぞりて、きよしこの夜、ジングルベルなどなど、幅広い世代に歌われる楽曲などなど、聖夜を彩る音楽は数知れず。

今宵も街はクリスマスソングがシャンシャンと流れ、とイチャつくアベックで大賑わいのことでしょう。

さて。
わたくしの中で「クリスマスソング」といえば、「ジングルベル」です。

事の起こりは10年以上前に遡ります。

街中で通りすがった女学生が、

ジングルベ~る♪
ジングルベ~る♪
コラ~ァ~ゲン~ ♪

と、楽しげに口ずさんでいるのを偶然耳にしたのです。

……コラーゲン!

どこから出てきた!?

鈴はどこいった!?

その日から、わたくしの脳内で延々と

ジングルベール、ジングルベール、コラーゲン♪ がオールリピート状態。

本来の歌詞の、「鈴が鳴る~」よりも「コラーゲン~」のほうがしっくりきてしまい、ドンピシャすぎて参りました。

聖夜の鈴は鳴らずじまいのまま、ジングルベルのメロディはコラーゲンに下克上を許し、語感の良さを武器に未だに我が愚脳に居座り続けています。

ジングルベール、ジングルベール、コラーゲン♪

実際に口に出して歌ってみると、妙に楽しくなってくるので、もし宜しければお試しくださいね。

ジングルベール、ジングルベール、コラーゲン♪

スポンサードリンク

コメントを残す