ニベアのガッテン塗りを試した結果、肌がカオス化【合わなかった】

全国の女性のみなさーん。

こんばんは、同型みかん(乙女)です。

今日は、巷でウワサの「ニベアクリームのガッテン塗り」感想をしたためてみたいと思います。

結論から言うと、わたくしには合いませんでした。

ニベアクリームとは、ドラッグストアやスーパーなどでよく見かける、
ニベア青缶
こんな感じのクリーム。

このクリームを、洗顔後、すぐにたっぷりとお顔に塗る! というシンプルなスキンケアが、ナウなヤングにバカウケの「がってん塗り」

テレビで紹介されていたようで、今となってはインターネット上でもよく見かけるキーワードです。

ニベアクリームは、とってもお値打ちな金額(数百円)で購入できます。

化粧水と乳液、クリーム、合わせて……ン万円もするものもあるこのご時勢に、チープコスメの代表、お財布の救世主としてその名を急上昇させつつある「ニベアクリーム」

はじめは、「これ、顔に塗っていいものなの?」という葛藤があったのですが、

心の声
「ネット上の口コミでは、すごく評判いいじゃない!」
「テレビでも紹介されてたし、安全性も大丈夫だろう!」
「なにより、安いし! 浮いたお金で焼肉でも行けるze」

 

……うーん。

よし、やってみよう!

そんなこんなで、安易に試してみたのが運の尽きでした。

では、以降、ニベアクリームを顔に塗りたくった経過をば……

【1日目・夜】
こんなにお値打ちな金額で、お肌のケアが出来るなんて!
いままで使ってきたコスメ代、もったいなかったなー、ウフフのフ、
明日、起きたらお肌トゥルトゥルだね!
わー、お肌に透明感が出て、人気者になって、その調子でイケメンにプロポーズされたらどうしよう、キャー
たのしみたのしみ♪

【2日目・朝】
うーん? なんだか肌がピリッとしてつっぱるような?
もしかして好転反応?
お化粧品を変えると、肌がビックリしてピリッとする時期があるもんne☆
良くなっている証拠だね!

【2日目・夜】
ぬー、つっぱり具合が止まないなー?
もしかして、クリームの量が足りなかったのかも?
今晩は、更にたっぷり塗って寝よっと。
待っててねー、まだ見ぬイケメンー。おやすみー。

【3日目・朝】
……か、かゆい、かゆい、かゆい、
顔かゆい、
かいちゃだめだ、かいちゃだめだ、かいちゃだめだ、
でも爪立てて掻き毟りたい、ぐああああ

【3日目・夜】
顔に赤いブツブツがああああ、大量発生じゃあああ、なんじゃこりゃああああああ
魔女の呪いかああああ、かゆいかゆいかゆい……うぬああああ

【4日目・昼】
かゆい……orz。
もしかして、原因はニベアクリームじゃね? (←気づくの遅)

【4日目・夜】
以前使っていた化粧水、乳液に戻すも……
赤くなったところに化粧水が染みる、痛いよママン、水道水すら染みるよ、
きっと聖水をかけられたゾンビってこんな気分。

【5日目・昼】
皮膚科へGO。
お医者さん「合わない化粧品は使ったらダメですよー^^」
塗り薬とビタミン剤を処方してもらい散財、ぐすん

【10日目】
ようやく赤みがひいて、かゆみもおさまってきた
安物買いの銭失いとは、このことカッ!

 

とまあ、こんな感じでした。
わたくしも、巷の評判だけを信じずに「パッチテスト」とか試してみてからにすればよかったんですけど……。
まさか、あんなに肌荒れを起こすとは露も思わず……。

口コミを見ていると、「すごくイイ!」と言っているかたもたくさんいらっしゃるので、肌質に合うかたにはもってこいのお品なのでしょう。
わたくしも、合うお肌に生まれたかった……うらやましいです。

【今日のまとめ】
 はじめてのクリームを肌に塗るときは注意しよう。

【追記】 今、使っているスキンケアグッズのご紹介

「その後、お肌の調子はどうですか?」
「今は、どんな化粧水とクリームを使っているのですか?」

という質問をいただくことが多いので、追記をさせていただきます。

ズバリ、使っているのは……

ミノンとキュレル

・化粧水は、ミノンのアミノモイスト・モイストチャージローションⅡ

・クリームは、キュレルの潤浸保湿フェイスクリーム

です。

価格もそれほど高くないのに、使いやすい!

化粧水は、とろみのあるテクスチャーで、保湿力があります。
クリームも、のびがよくてベタベタしないので気に入ってます。

ここ数年、ずっと使い続けていますが、今のところトラブルはありません。

ニベアのがってん塗りの肌荒れから救ってくれたのも、こちらの化粧水とクリームです。

よかったらぜひー。

ミノン化粧水
→ミノン アミノモイスト モイストチャージ ローションII もっとしっとりタイプ

キュレルクリーム
→キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム 40g

スポンサードリンク

コメントを残す