やる気が出ないときに行動をする方法! 面倒なことを片付ける【ゴーレムプレイ】 

ああ、寒い。

冷えますね、こう寒いと何もしたくなくなりますね。
動くと、風を切って余計寒くなりますもんね。
かといって、お部屋でぬくぬく温まっていると眠たくなって、ますます何もしたくなくなりますよね。
もはや、四六時中、だらけていたいですよね。

冷蔵庫のドアを開けるのすら面倒な今日この頃。

こんにちは、同型みかんです(前置き、長くてすいません)

さてさて。

今日は寒かったり眠かったり、疲れていたりで、一切合切のやる気が出ないあなたに朗報です!
今回ご紹介するのは、やる気が出ないときに行動をする方法です。

それは……

名付けて【ゴーレムプレイ】

「ゴーレムって何ぞ?」という方は、こちらのイラストをご覧ください。
IMG_8070

まあ、こんな感じの物質です。

ゲームのRPGとかで、よく門番をしてたりする、泥とか土で出来たアレです。

ゴーレムの性格を、誤解を恐れずにざっくりと解説すると
「硬くて無機質、でも主人のいいつけをキッチリ守るメイドさん」
だと思っていただければ幸いです。

ゴーレムは、作成者(マスター)の言うことを忠実に守ります。
彼らは人の手によって作られし生命体――否、生命は宿っていないのかもしれません。

ただひたすらに、与えられた任務を淡々と遂行するゴーレム。
そんな「ゴーレムになったつもりで動く」のが、今日提案する【ゴーレムプレイ】の醍醐味です。

やり方は簡単。

まず、自分がゴーレムになったつもりになります。
つまらない自我やプライドは、とりあえず横にどけておきましょう。

次に、マスター(主人)に命令をいただいた設定で、己の身体を起動します。

こんな感じに。

脳内マスター
 「行け!  ゴーレム!  飲みものを取りに行け!  そのあと、お風呂を沸かすんだ!」

ゴーレム
 【ゴゴゴ……マスター御意、我、冷蔵庫襲撃、ノミモノ、チャージ】
 【グゴゴゴ……我、浴槽、沸カス】
 【正常起動シマシタ、任務完了マデ、カウント58……57……】

まあ、脳内マスターの声も自演するワケですが、そこは持ち前のノリのよさでファイトです。

そして、ゴーレムプレイ中は、できるだけ無表情、無感情で動くとgoodです。

余計なことは考えず、脳みそをツルツルのカラッポにして実践しましょう。

むしろ、ゴーレムたるもの、マスターの命(めい)以外のことは思考したら駄目です。
マスターの為に、見返りを求めず無心で動く姿に全米が泣くのです。
マスターからいただいた任務には、無の境地で望みましょう

ゴーレムプレイを実践すると、面倒くさいことを阿呆らしくやり始めることが可能です。
面倒な気持ちを無理やり上書きして、自己洗脳を施して「楽しい!  たのしい! うひゃははハハ」と思い込むと、心が疲れちゃいますから。

面倒なことは、面倒と思えば良いのです。
だって、めんどうなんだし。
自分の正直な気持ちを否定してはいけません。
「面倒だ~、ねむたいわ~、あんみつ食べたいわ~」とか思いながらも、結果的に行動できたらOK牧場なのです。

そして、どんな内容の作業でも、やっているうちに作業興奮が沸き起こり、なんだかだんだん楽しくなってきたりするものです。

そうなれば、儲けもの。

ゴーレムになりきれば、重い腰をあげて「渋々でも動き出す」ことが可能になるのです。

何かの作業が面倒なときは、この【ゴーレムプレイ】がオススメです!

良かったらお試しくださいね。

【ゴーレムプレイ まとめ】

★効能
面倒だけど、やらなくてはいけないことがあるときに重い腰を動かす

★方法
①ゴーレムになりきる
②脳みそをカラッポにして、無心でマスターが与えし命(めい)をこなす
③作業興奮を味わう(味わえなくてもよい)
④あら、不思議。作業が終わってるわ(嬉)

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す