お友達のお部屋探しにお付き合いしましたよっと【格安物件に注意!】

絵日記、絵日記……。

7月20日、晴れ。

苔を見つけた

今日は友達(女子)が、

「一人暮らしをはじめたい。これから業者さんと部屋の内覧に行くから付き合って欲しい」

と言い出しました。

わたくしは、暑いし面倒だなぁと思いつつも、
「付いてきてくれたら、オムライスをご馳走する」
の一言に完全敗北をし、しぶしぶお部屋の内覧に付き合うことにしました。

友達が候補に挙げていた物件は、全部で3件。

どれも、家賃の安さを重視したお部屋ばかりでした。

周辺家賃相場よりも、かなりお値打ちなお部屋です。

スーパーでいうと半額以下の「おつとめ品」のような物件ばかりをセレクトしています。

お値打ちな部屋、というのはやはりそれ相応のワケがあるわけで。

「悪いことは言わない、もう少し、家賃の予算をあげたほうがいい」

とアドバイスをしたものの、

友達
「いや。家賃にお金をかけるなんて愚の骨頂。
 部屋なんて、雨風がしのげればそれでいい」

と、カッコイイ感じで言い張りました。

最近の女子にしては、なかなか強気な感じで好感が持てます。

彼女が一人暮らしを始めたい理由は、
「通勤距離を縮めたいから」
だそうです。

ほとんど仕事ばかりをしているので、家には寝に帰るだけだから、
家賃にお金をあまりかけたくない、といいます。

まあ、本人がいいなら、いいんです。
いいんですよ……フフフ……ヘへ。

そんなこんなで、お部屋の内覧へ。

1件目は、1K、6畳和室、ユニットバス。踏み切り真ん前
共用部分に蜘蛛の巣、多数。
ベランダには、ひっくり返った虫たちが1匹……2匹……3匹……。

わたくし
「寝に帰るだけだからいいんだよね?」

友達
「……」

仲介業者さん
「踏み切りは近いですが、夜は電車が動いていないから、ゆっくり寝られると思いますよ^^」

2件目は、2DK、6畳洋室、6畳洋室、6畳DK、東向き。
わりと綺麗だけど、事故物件

仲介業者さん
「ここね、実は過去に火災があったんです。その時、ベラn……で……ゴニョゴニョ……」

わたくし
「まぁ、リフォームしてあるし、逆にキレイでいいですね」

友達
「……」

3件目は、2DK、6畳洋室、6畳和室、6畳DK、東向き。

仲介業者さん
「ここは、最近家賃が下がったんですよ。空きが5年も続いちゃったので……」

わたくし
「わぁ! 洗面台にコケがはえてますね! 面白いんで写真とっていいですか?」

仲介業者さん
「こまります 笑」

わたくし
「キノコじゃないだけマシですね」

仲介業者さん
「配管も痛んでしまうし、そろそろ誰かに入居してもらわないと、なんですよ。
ただ、隣のお部屋の入居者様がちょっと、夜中にお叫びになることがあるので、
それでも大丈夫ですか?」

友達
「……」

その後、わたくしのお友達は、家賃の予算を2万ほど上乗せすることを考えたようです。

めでたし、めでたし。

みなさまも、明らかに安い家賃の物件には注意しようね★(ビシッ!)

スポンサードリンク

コメントを残す