何故キリンの首は長いのか? 【うたた寝 考察】

今日はお仕事がおやすみでした。
いつもどおり、一切の予定がなかったので、何故キリンの首は長いのか? を考えて過ごすことにしました。
さみしくなんてないです、本当です。

8bea3b5d1a864d0c962b6a4b4551eb93_s

わたくしが学生の時分に授業で聞いた話では、

「地面に生えている草には限りがある。
しかし上の高い位置に生えている草は、そんじょそこらの草食動物ではなかなか手が届かない。
よって、キリンは進化の過程で首を頑張って伸ばし、上のほうの草を独り占めできるように成長を遂げた」

うーん。
この説は確かに有力なのでしょうが、キリンは何故、あえて首を伸ばしたのでしょうか?

というのも、首というものは、ウィークポイント、弱点になるからです。
あえて、弱点部位を大きくするよりも、足を伸ばしたほうがいいような気がします。
また、足を伸ばしたほうが、大またで走れるようになるぶん、他の動物達に対してもアドバンテージがあるのではないでしょうか?

わたくしは、ウトウトしながらキリンが足を伸ばさなかった理由、首を伸ばした理由を考え続けました。

理由①

足は4本、首は1つ。
足を伸ばしてしまうと、その分必要な栄養が4倍になるので、首をのばすのが一番コストパフォーマンスが良かった。

 

理由②

あえて弱点である首をさらけだすことによって、スキル:背水の陣を発動させる捨て身の構えを取った。

 

理由③

そもそも、首は弱点ではない。

 

理由④

キリンはろくろ首に憧れていた。

 

うーん、考えれば考えるほど深みにはまりそうです。
①あたりが正解のような気がするのですが、真実はキリンさんしか知らないのでしょう。

 

スポンサードリンク

コメントを残す