我が家の家庭料理 炭水化物のユニゾンアタック【秋編】

我が家では、ごはんをおかずにごはんを食べるのはアリだという、
ナゾの家訓がありまして。

炭水化物と炭水化物のユニゾンアタックは日常茶飯事。

たとえば、焼きそばと白米を混ぜるそばめしや、
はたまた、ラーメンとライスをいっしょに食べるラーメンライスはもちろんのこと、

過去メニューでは、

炊き込みご飯と白ご飯を同時に出されたり、

恵方巻きと白ご飯が一緒に出てきたり、

カレーライスのおかずに、おもちがついていたりするのですが……

今宵、またまた新たな必殺メニューを食らった次第なのであります。

【今日の晩御飯】

栗ご飯をおかずに、ネギトロ丼を食べるの巻

栗ご飯とねぎとろ丼

この晩餐の作成者(実の母)に、メニューの趣旨についてお伺いをしたところ……

「秋だから栗でしょ、でも魚も食べないとね。栄養バランスは大事だからねえ」

と、真顔で申しておりました。

わたくしは、いい年こいて実家でタダ飯を食らっている身でありますので、
無言で「そうか」とうなづき、もくもくと米つぶを胃の中へ移動させていきました……た。

スポンサードリンク

2件のコメント

  • 相変わらずですな、御母堂は。
    お元気そうで(笑)
    何よりです。
    食わされる方は、たまったものではありませんが(笑)

    • 同型みかん

      KONASUKEさん

      >食わされる方は、たまったものではありませんが(笑)
      まさにそれです^^;
      炭水化物ばかりで、具合が悪くなってきます 笑
      でも、私以外の家族は普通に食べてるので、私がおかしいんじゃないかと思えてきます><

コメントを残す