残りの人生で、あと何冊くらいの本が読めるだろうか。

「人生は短い」だとか「タイム イズ マネー」だとか、時の大切さを匂わせる言葉はたくさんありますが、漠然とした未来のことを言われてもどうもピンときません。

しかし、もっと具体的に思考し、
「残りの人生で、あと何冊くらいの本が読めるだろうか」と考えてみたら、なにやらゾッとするものを感じました。

34df88fd40b43c395d3908667395996d_s

読まんとする本のページ数や読みやすさにもよるでしょうが、

1日1冊として計算しても……

100歳まで生きるとしても……

※計算中※

――う~ん。

どんぶり勘定で、1万~2万冊が限度といったところでしょうか。

生きている間に、この世の全ての書物を読破できる可能性は皆無。

そして、こうしている間にも、世のどこかで作家さんたちが名作を書き上げつつあるのです。

時間が!
時間が足りない!

もっと、日々を大切に生きていかなくてはな、と思いました。

「時は金なり」、うむ、確かに。

――珍しく、いいことを言った気がします。

スポンサードリンク

コメントを残す