どどめ色とは、どんな色? どどめ色とは、こんな色!【意外と綺麗】

昨日はお仕事がおやすみでした。
休日は基本、家で過ごすのが好きです。
一歩も家から出ずにいられた場合は、なんだか誇らしい気持ちにさえなります。

とはいえ、とくにやることも無かったので、「そういえば、どどめ色ってどんな色なんだろう?」という、

前々からの疑問を解決して過ごすことに決めました。

――どどめ色

よく聞く名前ですが、実際にどんな色か? と聞かれると、
「なんだか、汚らしそうな色のイメージがあるけどな?」と、しか答えられません。
どどめ色に対するネガティブイメージは、私が個人的に思った語感からくる感覚の為で、偏見もおおいに混じっています。

そこで、まあ、せっかくなのできちんと真相を解明しよう、と思い立った次第です。
さて、さっそく「どどめ色」を調べてみますと……

【青ざめた唇の色】
【打撲時の青あざの色】
【桑の実が熟したような色】

とのこと。

なるほど~、桑の実が熟したような色か!

……

……うん。

そもそも、桑の実がどんな代物なのか、わからないや!

ええ、ご名答。わたくし、無知なのです。
これまで、勢いだけで生きてきたのです、教養が皆無なのです。

というワケで、リサーチ、リサーチ。
桑の実……桑の実っと。

これらしい。

【桑の実】

この、小型ぶどうみたいなものが、桑の実らしいです。

ハハーン、あれですね。
平たく言うと、どどめ色は「紫の一族」ってことですね!?

いやあ、これでまたひとつ、おりこうになりました。

「どどめ色の星空に、今宵、流星が降り注ぐ!」とか
「君のどどめ色の瞳に乾杯!」とか、表現出来るようになりました。

人は見かけによらないのと同様、言葉も語感によらないですね。
どどめ色は、思いのほか綺麗な色でした。

めでたし、めでたし。

 

スポンサードリンク

コメントを残す