母の作る食事の量と組み合わせがカオス【和洋折衷】

我が家の今宵の夕飯メニューは、少し風変わりでした。

・白ごはん
・お味噌汁(具:大根 こんにゃく)
・おでん (具:大根 こんにゃく たまご はんぺん)

――大根とこんにゃくがかぶってますが、とりあえずココまでは良いのです。

・白ご飯
・お味噌汁
・おでん

これにプラス

「母の作る食事の量と組み合わせがカオス【和洋折衷】」の続きを読む…

キウイにマヨネーズ!? 母のシュールな料理 【キウイ? キュウイ?】

今宵の晩御飯に、キウイが出ました。

キュウリじゃありません。
キウイです、緑色した、果物のキュウイです。

キウイ、マヨネーズであえてありました。

IMG_0455ぬ
母が作りました。

キウイにマヨネーズって、ありなのか!
いや、え? え? どうなの? と謎に思い、
つい母に突っ込んでしまいました。

 「キウイにマヨネーズ……かけたん……だ……ね」

すると、母は飄々とした様子で言い放ちました。

母 「醤油もかけるから、大丈夫だよ」

……。

 わぁ。
 何が大丈夫なのかが、さっぱり分からないや!

IMG_0456ぬ

(うっすらと茶色いのが、お醤油デス)

恐る恐る、食してみると……

 キュウイにマヨネーズと醤油をかけた味がしました。
 キュウイにマヨネーズと醤油をかけた味がしました。

 

キャンディクラッシュがクラッシュ!アプリが立ち上がらない【対策】

わたくし、長年iPhone4sを愛用しております。
新機種がバンバン登場しているのは存じていますが、手続きが面倒で機種変更しておりません。

そんな長年の相棒、iPhone4s殿の中に、【キャンディクラッシュ】というゲームアプリを入れてます。

このキャンディクラッシュ、どんなシロモノかというと、
「同色のアメちゃんをくっつけて、消して、ニンマリするパズルゲーム」
です。

ちょっとした隙間時間に手軽に遊べるのが素敵なゲームアプリです。

プロのキャンディクラッシャー【キャンクラ】の域に達すると、目をつぶっても飴の幻覚が浮かんでくるようになるとかならないとか。

とにかくハマる、楽しいゲームアプリなのです。

さて。
事件は今朝、起こりました。

「キャンディクラッシュがクラッシュ!アプリが立ち上がらない【対策】」の続きを読む…

東京ばな奈ストラップ、かわいい!【キャラメル味】 東京バナナ

こんばんは、あなたの街の同型みかんです!

この度、会社の上司が東京に出張したとのこと。

東京には魔物は居なかったようで、無事に帰還なさいました。

お土産とともに!

 待ってました~! お土産~♪  (と、ついでに上司の無事)

頂き物は、コチラ!

「東京ばな奈ストラップ、かわいい!【キャラメル味】 東京バナナ」の続きを読む…

営業会社の実態編  ☆今日、身震いした話

わたくし、とある会社で事務系のお仕事をしております。

泣く子も黙る営業会社です。
営業担当さんたちは、常に数字に追われて東奔西走しています。

 

担当社員同士でお客様の取り合いをする光景も日常茶飯事。
大の男が胸ぐらを掴み合って、

「あれは俺の客だぞ!」
「うるせえ! 俺の客だ!」

「営業会社の実態編  ☆今日、身震いした話」の続きを読む…

フレッツ光ネクスト 「隼」が我が家にやってきた!【速度比較】

 インターネットの回線や仕組みについては、あまり詳しくないほうです。
 あまり詳しくないどころか、無知の極みといっても過言ではないのです。

 そんなわたくしの自宅の電話に、先日、
「フレッツ 光ネクスト 隼に切り替えると、回線が更に早くなりますよ! どうですか、どうですか! どうですか!」
 という、宣伝のお電話がかかってきました。
 
 我が家はどうやら「フレッツ 光プレミアム ファミリータイプ」という回線???を使用しているらしいのですが、
それを「フレッツ 光ネクスト 隼(はやぶさ)」とやらに切り替えると、ものそいマッハ回線になって、なんだかとってもニュートリノ! 的な感じらしいのです。

 
 パソコンでインターネットをする際に、とくに回線速度に不満を感じていたわけではなかったのですが、電話口のお姉さんが、

「フレッツ光ネクスト 「隼」が我が家にやってきた!【速度比較】」の続きを読む…

考察

「サンドイッチ」を「サンドウィッチ」と流暢に発音するのがMYこだわり

 今日は仕事の休憩中に、近くの喫茶店でお洒落にサンドウィッチを食しました。
 「サンドイッチ」ではなく、「サンドウィッチ」と注文するのが、私のささやかなこだわりです。

509de29c7d32d41f71472cbce6e1f4a9_s

 ブラックコーヒーを優雅にジュルジュルすすりながら、サンドウィッチをムシャムシャ食べ散らかしていましたところ、隣の席にサラリーマン風の男性、2人組が着席しました。

 ここで、わたくしのサラリーマンアナライズが発動

 ――ピピピ。

「「サンドイッチ」を「サンドウィッチ」と流暢に発音するのがMYこだわり」の続きを読む…