グランドピアノと理想のピアノ講師について淡々と語る

「叶えたい夢は言葉にしないと現実にならない」

とよく耳にするので、あえて明言しておきます。

わたくしは将来、
庭から石油か温泉が沸いたら、あぶく銭で家を建て替えて、
そこにグランドピアノをおくのを目標としております。

グランドピアノの画像※写真はイメージです

今はまだ、庭に石油は沸いてないし、温泉も沸いてないし、
ピアノの腕も高校生レベルどまり、
いやむしろ小学生レベルどまりですが、とにかくそうしたいのです。

オシャレな別荘のような家の部屋で、
ファサッとした服を着て、1日に3時間くらいピアノを弾いて過ごしたい。

そして、執事に、
「お嬢様、少しお休みになられてはどうですか?
 本場パリから取り寄せたマカロンとローズヒップティをお入れしました」

とか言われたい。

マカロンの本場がパリなのかどうか知らないけど、とにかくこんな感じが理想なのであります。

理想とはいえ、夢は叶えてこそナンボ、

1日でも夢に近づくために、今から、将来に備えてできることからはじめなくては。

今の自分にできることは何か?――「そうだ、ピアノを習おう」

せっかくグランドピアノを手に入れても、ピアノの腕前がしょうもなかったら、
グランドピアノに申し訳が立ちません。

「あのお嬢様、持ち物だけは立派だけど肝心の腕前wwwwww」
「レベル1なのにロトの剣もってる感じwwwwww」

とか言われては、お嬢様としての名がすたります。

ピアノの練習は1日にしてならず。
プロだって、毎日欠かさず何時間も弾いて弾いて引き続けているというのに、
素人であるわたくしが、なんの練習もなしでグランドピアノの前に座るなど、言語道断。

今から、ちょっとずつでもレッスンしておくことが大事なのではないかと思う次第。

これは名案ですな! ほほほ!

……しかし、一概にピアノを習うといっても、
このわたくしのゼロに等しい音楽センスを引き出してくれる講師にめぐり合えるかどうかがまず問題。

そこで、ピアノの先生に期待すること、
こんなピアノの先生になら師事したい、という理想像を描き出してみることにしました。

【こんなピアノの先生を募集中】

・やさしくていい匂いのする女の人
・できれば年上

男性の前でピアノを弾くのは緊張して、演奏中に挙動不審になってしまうため、
年上のやさしい女性講師を希望

・ほめちぎってくれる先生
・極力甘やかして育ててくれる先生

「いまの、いいファの音でしたね^^、
先生の音楽人生の中で、いまのファの音は、歴代3位に入るくらい心に響くファでした^^
じゃあその調子で次はの音も出してみましょうね♪」

的な。褒めて伸ばしてほしい。怒られるのやだ。

・レッスン後に、手作りのシフォンケーキを出してくれる
・シフォンケーキの横に、フワフワの生クリームとミントは必須

ケーキ食べたい

・月謝が安い

「先生といっても趣味でやってるだけだから、お月謝は2000円でいいわ^^」と、
できるだけ安価に教えてくれるとありがたい。
技術を値切るつもりはないが、最近、金欠のため、出世払いということにしていただきたい。
お月謝は、百歩譲って、1,980円でもいい。
額は減ったけど、むしろ増えたように見える数字の魔法、これぞ1,980トリック。

……と。

こんな感じのピアノの先生を探しています。
お心当たりのかたは、ご連絡ください。かしこ。

スポンサードリンク

2件のコメント

  • 確かに。
    「猫ふんじゃった」レベルでグランドピアノとか、「禁じられた遊び」しか弾けないのにオベーション(お高いギター)とか、シャレになんないかもね。

    • 同型みかん

      KONASUKEさん

      そうなんですよー。
      せっかく買ったのに弾けない、じゃ、ただのインテリアで^^;
      20年先を見越して、ピアノを練習してみようかなと思ったりしています。

コメントを残す