【祝】菜箸(さいばし)のヒモが何の為にあるのかを今日初めて知った

今日、とある料理本(わりと初心者用)を読んでいたら、

「料理に使う菜箸(さいばし)のヒモは、切って使う」

さいばしの本

との記述を目にしました。

さいばしって、アレですよね。

ああ、これこれ。

さいばし

料理をかき混ぜたりするときに使う、長っちょろい、箸の王様みたいな箸ですよね。

つまり、

キング・オブ・箸 = 菜箸(さいばし)

多分にもれず、ウチにもあります。

確かに、さいばしは購入当初、ヒモで繋がれているときが多いです。

ヒモが付いていると使いにくいので、私はいつも買ってすぐにぶった切っていましたが、

お料理本にも「切って使う」と書いてあるので間違ってなかった!

……と、一瞬思ったのですが。

「では何故、さいばしの販売業者はわざわざコストをかけてまで、2本の箸を紐でくくったのか?」

という疑問が沸きました。

どうせ切られる運命なら、最初から紐なんてつけなければいいですもんね。

どうせ別れる運命なら最初から好きにならなければよかった、みたいな感じですね。

そんなこんなで、ちょっと気になったので「さいばしがヒモでつながれている理由」を、自分なりに調べてみたところ……

さいばし業者が、さいばしにヒモをつけている理由は大きくわけて2つあるとのこと。

さいばしがヒモでつながれている理由その①

さいばしをぶら下げる為

お料理中に、壁にサッとひっかけておいて、サッサッサッと使う人もいるので、
その為に紐がついている、との説。

また、どこかにひっかけてぶら下げておけば、乾かしやすくて衛生的との声も。

さいばしがヒモでつながれている理由その②

無くさないようにする為

バラバラのままだと、無くしてしまうから紐でくくった、との説。

ああ、確かに。

ふたつセットのものって、しょっちゅう無くなりますもんねえ。

靴下とか、くつしたとか。

クツシタとか?

紐でくくっとけば、無くすときも一緒、

一心同体、生涯を共にって感じですね。

うーん。

こうして見てみると、最終的にさいばしのヒモは「切るべきか、切らないべきか」悩んでしまいます。

私が今日読んだ料理本は「初心者用」だったので、

少しでも箸の稼動域をあげて使いやすくするために、
「ヒモはちょんぎって良し!」という見解だったのかもしれません。

今は良いのですが、今度さいばしを買い換えたときにヒモを切るか切らないかで、
小一時間くらい悩んでしまいそうです。ハハハ。

※ちなみに、読んでいたお料理入門本はコレです。

タイトルが面白かったので、買っちゃいました。中身もオモロイです。

イラストもいっぱいで、お料理がはじめて! って方にもおすすめ。


常識いらずのお料理入門

スポンサードリンク

コメントを残す