「ボールとバットは、合わせて110円でした」とか言われても【計算できぬ】

突然ですが、問題です。

ボールとバットが売られていました。
ボールとバットは、合わせて110円でした。

バットの値段は、ボールの値段よりも100円高かったです。

さて。

ボールの値段はいくらでしょう?

……という問題を、今日、知人に出されまして。

ボールとバット

小学校の算数レベルの問題だ、とのことでしたが。

30分くらい考えたけど、阿呆のわたくしメには答えが分かりませんでした。

考えれば考えるほど、分かりません。

ボールとバット、セット販売だからこそ、110円になるのであって、
ボール単体の場合は値段から割引率がなくなるんじゃないか?

とか、

バットとボールが110円って、安すぎじゃないか?
なに、その価格破壊……粗悪品じゃないのか?
そんなものを売りに出して大丈夫なのか?

とか、

内税? 外税? 税率は?

とか、

ボールといえば、今年のドラゴンズの開幕投手は誰だろうか?

とか、

余計な邪念ばかりが浮かんできて、結局答えにたどり着けず。

正解は、

ボールの値段は5円

なんだそうですが、5円のボールってことは、原価率でいうと1円切るくらいかしら?
1円切る原価で作成できるボールの素材って、どんなのかしら?

正解を聞いても、なにゆえに5円が正解額なのかは謎に包まれたまま、
謎が更なる謎を呼ぶのです……。

同時に、こんな難しい問題を勉強している、最近の小学生の方々を本当に尊敬致します。

スポンサードリンク

コメントを残す