木の根っこを枯らそうとするプロジェクト【途中経過】

木の根っこを枯らそうと、悪戦苦闘しています。

庭の手入れをプロの業者さんにお願いして、木を数十本ほど伐採していただいたのですが、
問題なのが、そのまま残った切り株。

切り株

そういや、昔、たけのこの里やきのこの山の親戚のような「きこりの切り株」とかいうチョコレートがあったけど、最近見かけないなぁとか、ぜんぜん関係ないことを思い出しつつ、

切り株を枯らす対策として、表面にドリルで穴を開けて、そこから劇薬【スミチオン】をスポイトで垂らしこむという作戦に打って出ていたわけです。

→【参考】伐採後の木の根っこを枯らす方法を模索&実施中なのです

で、劇薬スミチオンを木に染みこませてから約3ヶ月後のお写真がコチラ。

↓ ↓

→スミチオン注入、約3ヵ月後の切り株 ※クリックすると写真が開きます

(そのまま画像を載せてもよかったのですが、木の断面がモサッとなっていて、元気な木が好きな人には厳しいかしらと思い、念のため別窓にしています。良い子はみちゃだめ)

表面が、ずいぶん残念な感じになってきました。

「木を枯らす」という点では、たいへん良い調子なのですが、
いっしょうけんめい生きようとしている木を、あえて枯らそうとするのはやはり心苦しいですね。

ごめんよー、木ー。

そんなこんなで、引き続き、木の根を枯らして枯らして、枯らし散らかしていきたいと思います。

がんばるぞーう。